Sample Image

あなたの目で「見えるよろこび」

昔は現在ほど眼鏡やコンタクトレンズを使用して視力矯正をしている人は多くありませんでしたが、
最近は日本の全人口の約半分が近視と言われています。
その原因はゲームやパソコンの普及など環境的なものが原因と考えられています。
もちろん遺伝的な影響もあるでしょう。

私自身も近視であり、コンタクトレンズで視力矯正をしています。
小学校6年生のときには立った状態で足元がはっきり見えず、黒板も見にくいような状況でした。
今や視力が0.1もないほどのド近眼です。
15歳からコンタクトレンズを愛用していますが、
眼科に行っていちいちコンタクトレンズを購入するのが面倒で、
レーシック手術を受けて裸眼ではっきり見えるようになったら楽なのにと考えてしまいます。
もしレーシック手術を受けたら裸眼でなんでも見えるようになります。
朝起きて、眼鏡がどこだと探す必要がないのです。

視力が回復する以外にもいくつかメリットがあります。
レーシックによって目の角膜を手術して視力を矯正するので、
眼鏡やコンタクトレンズなどの視力矯正の道具が不要となります。
定期的な視力検査や購入などの手間がなくなり、面倒なお手入れをする必要もなくなります。
そして、近視による就業制限がなくなります。
客室乗務員やパイロット、競艇選手、船舶操縦士、警察官、自衛隊などは
裸眼での一定の視力が必要となる職業です。
近視によって諦めていた職業が、レーシックによって視力回復すれば諦めずに就くことができるのです。
もちろんレーシックを受けられない人もいます。

さらに、眼鏡やコンタクトレンズの購入費を削減することができます。
もちろん、レーシック手術は安くはありません。
安くても15万円程度が目安と言われています。
1日使い捨てのコンタクトレンズを使用している場合で考えてみると、
1ヶ月分がだいたい2000円ほど、年間費用は24000円ほどです。
これに加えて検診費用1ヶ月2000円ほどがかかり、
コンタクトレンズと合わせて1ヶ月の費用が4000円ほどとなり、
年間費用は合わせて48000円ほどもかかってしまいます。
これをレーシック費用に当てはめてみると、レーシック手術の費用を4年で超えてしまうことになります。
長い期間で考えてみると、コンタクトレンズの費用よりレーシック手術の費用の方がお得になるのです。
レーシックと老眼についてはこちらのサイトが解説しているようです。

自分の目でなんでも見えるということはとても幸せなことです。
私も裸眼で見える幸せを味わってみたいものです。

こちらのサイトレーシックは気軽に受けられる手術や、こちらレーシック手術を考えている方のサイトもおすすめです。ぜひ、ご覧になってみてください。
Copyright(c) 2011 meyorokobi All Rights Reserved.