Sample Image

手術前に気をつけることは?

レーシックは安全性がとても高い手術ですが、外科手術の一種ということには間違いありません。
手術を無事に完了するために手術前の注意点がいくつかあります。
簡単なことばかりですので、きちんと守って安全にレーシック手術を受けましょう。

1つ目は、十分な体調管理を心掛けることです。
これはレーシックに限らず、どの手術においても最重要項目です。
睡眠を十分にとり、規則正しい生活を送って万全に体調を整えておきましょう。
薬類の服用も前日、当日は厳禁です。
やむを得ず服用しなくてはいけない場合は、担当医に必ず伝えておきましょう。

2つ目は、コンタクトレンズの使用を中止しておくことです。
角膜を自然な状態に戻すために必ずしなくてはなりません。
ハードコンタクトレンズは1週間前から、ソフトコンタクトレンズは3日前から使用をやめましょう。

3つ目は、前日は必ず入浴しておくことです。
特に術後は感染症への注意が必要となります。
手術当日は入浴禁止なので、前日には洗髪と入浴を必ずすませておいて、清潔にしておきましょう。

4つ目は、手術当日のメークと整髪料の使用を控えることです。
これらは感染症の原因となりますので絶対にやめましょう。

5つ目は、当日は普段着を着てはきなれた靴をはいていくことです。
手術の成功のためには、余分な力が入らないリラックス状態でいることです。
服や下着、靴などを普段通りのものを身に付け、体を締め付けないようにしましょう。
パーカーやタートルネックのような脱ぎ着の際に強く目をつむってしまうようなもの、
セーターなどの毛くずが目に入る恐れがあるものは避けるようにしましょう。

6つ目は、前日と当日の禁酒・禁煙です。
アルコールの入った飲み物は、手術後の経過を悪くする可能性が高いです。

以上の6項目が手術前の注意事項です。
これらを守ることはもちろん、医師の注意やアドバイスも必ず厳守して確実に実行しましょう。
レーシック手術は安全性の高い手術なので、注意事項をきちんと守っていれば、
おのずと成功率も高くなるはずです。
安心安全なレーシック手術を受けられるようにしましょう。
Copyright(c) 2011 meyorokobi All Rights Reserved.