Sample Image

レーシックと目が見える仕組み

レーシック手術を受けるのは、近視や遠視、乱視などで
目が見にくくなっている状態にあるためです。

目が見える仕組みはカメラのピントと同じ原理になっていて、
景色などの光が黒目の中にある瞳孔を通るときに角膜と水晶体で屈折して、
眼球の奥にある網膜で一点に集まっています。
この光が集まる一点が焦点となり、正視は焦点が合っている状態です。
近視は光の屈折が強いために焦点が網膜よりも手前になってしまい、
遠くがぼやけて見えてしまいます。
遠視は光の屈折が弱いために焦点が網膜より後ろになってしまっていて、
近くがぼやけて見えてしまいます。
乱視は焦点がバラバラになってしまっているために、
ゆがんだり、ぼやけたり、二重に見えたりします。
このような焦点が網膜にきちんと集中していない状態を屈折異常と言い、
カメラではピントが合わせられない状態を指します。

レーシック手術では、角膜の表面をわずかに削ってレーザーを照射し、
形状を変えることで屈折異常を矯正します。
屈折異常は角膜と水晶体での屈折率が合っていないために起こるので、
レーシック手術によって屈折率を調整して焦点のずれを調節し、
ちょうど網膜で合うようにしているのです。
まず、マイクロケラトームというカンナのような精密機械で角膜の表面をごくうすく削って
フラップというふた状のものを作ります。
フラップをめくった箇所に、エキシマレーザーという熱を発しないレーザーを照射し、
角膜の一部を削った後にフラップを元に戻し、数分ほど自然に接着するまで待ちます。
角膜の表面を削ることで角膜の中央部分が薄くなり、角膜の屈折率も下がるので近視が矯正できる、
というのがレーシックの仕組みとなっています。
また視力別にさまざまなレーシック技術があるのです。

レーシック手術でのフラップを作成する作業は、特に技術を要し、
医師の執刀技術にかなりの割合で依存します。
ここでレーシック手術の成功のカギを握ると言っても過言ではありません。
クリニックの対応が良く、経験も技術力もある医師を探して、
確実にレーシック手術を受けるのが良いでしょう。
こちらのサイトに手術後の注意点についてのくわしい解説があります。とても役立つのでご覧になってみてください。

Copyright(c) 2011 meyorokobi All Rights Reserved.