Sample Image

さまざまな視力回復術

近視などを治すために、いろいろな視力回復方法があります。
視力が悪くなったら、眼鏡やコンタクトレンズを使用して視力矯正をするというのが一般的ですが、
それ以外にもいくつか方法があります。

ブルーベリーやアサインベリーなど、視力を良くする食べ物を摂取することで視力回復をはかるという人もいます。
ドリンク剤やサプリメントとしても販売されています。
第二次世界大戦のときにブルーベリーをパイロットに食べさせたというエピソードもあり、
即効性がありますが持続性はあまり期待できません。

視力回復のためのトレーニングというのもあります。
水晶体の調節を行う筋肉の緊張をほぐすトレーニングが主となっていて、
毛様体筋を訓練することで活性化させ、視力回復をはかるというものです。
このトレーニングを行うことで、ある程度の視力回復は見込めるかもしれませんが、
角膜や水晶体の変形までは改善できないので、
ひどい近視に関しては視力回復は難しいと考えられます。

レーシックは近年急速に普及している視力回復手術ですが、
まだ歴史が浅いので長期的な安全性や経過についてはなんとも言えません。
ただ、角膜に直接手術するので確実に視力を回復することができます。
そこがレーシックの人気の理由なのです。

その他に、視力回復コンタクトレンズのオルソケラトロジーという回復法もあります。
特殊なコンタクトレンズを装着することで、角膜自体を矯正するという方法です。
新しい回復法であり、角膜を削ることもなく安全性は高そうですが、
過度の近視には効果があまり期待できないようです。

さらに、移植型のコンタクトレンズの手術という方法もあります。
目にコンタクトレンズを直接埋め込むという手術法で、
レーシック手術を受けられない強度の近視の方でも効果が見込まれます。
レンズは半永久的に目に入れておくことができる造りになっていて、
視力に変化があったら取り替えることも可能です。
ただ、日本ではまだまだ普及しておらず、手術は100万円近くもかかってしまいます。
医療行為ともみなされず、保険もききません。
ですが、レーシックより安全性が高く、日本での早急な普及が期待されています。

自分に合った視力回復方法を考えて、実践してみると良いでしょう。
こちらに レーシックの種類と種類ごとの特徴が比較できたり、かかる費用と病院選びのポイント、失敗する確率や後遺症についてなどかいてあるサイトがありますのでご覧ください。
Copyright(c) 2011 meyorokobi All Rights Reserved.